まえだりんは語呂がいい

まえだりんは語呂がいい

音大卒シンガーソングライターの日々雑記

‪上手くなる事しか考えてない音大生の将来は厳しいぞ‬

f:id:maedarin0819:20170412203834j:image

ども!音大卒、鍵盤シンガーソングライターの前田凜(@maedarin0819)です!!

音大生といえば音楽漬けの華々しい生活を送り卒業後にはプロとして活動するみたいなイメージありませんか?

実は充実した音楽環境で学んでも現実は厳しいです。

卒業後の僕の現状

f:id:maedarin0819:20170412225753j:image

僕は1年前に音楽大学を卒業して

初めて学生でもない所属のないフリーランスとして過ごしました。

フリーランスというとなんかカッコ良く聴こえますが

実際は音楽だけで生計を立てることはできなかったのでアルバイトしているフリーターとあまり変わらない生活でした。

10年前、音大に入ってプロの音楽家になる決心をしたマエダ少年は10年後に今のような生活をしているとは想像できなかったでしょう。

音大生の就職先

f:id:maedarin0819:20170404235635j:image

大学4年になるとよく言われるこのセリフ

 

就職どこか決まったの?

 

お、おん…(何も言えねえ)

 

実は音大生で一般的な就活を始める人はかなり少数派で殆ど就活する人はいないんです(演奏系は特に)

演奏する仕事で毎月固定の収入が得られる仕事となると

オーケストラの団員や自衛隊、警察、消防の音楽隊という選択肢がありますが

これはその楽器の団員に欠員が出なければ募集はありませんし

その募集に対して沢山の人が応募してくるので簡単にはなれないのです。

なのでその競争(オーディション)に勝つ為に音大生達は1日に何時間も練習するのです。

ということで就活してる時間があったら

 

練習だ練習!!

 

となるのです。

しかし先ほども述べたように

そのような職につける音大生はごく一部の人間になるので(そもそもみんなが楽団に入りたい訳ではないし)

卒業後は未定(フリーランス)という音大生達が結構出てくるのだ。

フリーランスの内容

f:id:maedarin0819:20170412210455j:image

晴れて音大も卒業!

君は立派なプロだよ!!

という免許も何もなく

変わることといえば学生割引が使えなくなります (悲しみ)

では音大を卒業したフリーランス達は何をして生計を立てるかというと

 

  • レッスン(中学・高校の吹奏楽部が多い)
  • オーケストラ・吹奏楽団のエキストラ
  • 演奏依頼

 

主にこの辺りになるのですが

これらの仕事は学生時代から先輩経由などで経験する事が多いです。因みに圧倒的にレッスンの仕事が多いです。

そして卒業後どうやってこの仕事量を増やせるかにかかっているのです。

音大で得たコネクションや経験だけでフリーランスとして生計を立てれるかは出身校・活動地域・専攻・能力など以外にもある程度のコミュ力・運・タイミングも必要になってくるでしょう。

毎年音大卒業生は生まれるでフリーランスはウジャウジャいるわけです。

という事で音楽の仕事だけでは生活ができないのでアルバイトもしている人も多いのが現実です。

ポピュラー系の専門学校もこれに近い感じだと思います。(中学・高校のレッスンとかあまりないと思うので音大よりキツイかも)

学校は技術しか教えてくれない

f:id:maedarin0819:20170412212740j:image

音大に入れば4年間(専門なら2年)楽器や歌などの技術は磨かれます

 

が、しかし

 

その学んだ音楽でお金を稼ぐ方法は教えてくれないのです。

 

私立の音大なんか4年間で1000万近く払っているのにね。

なので卒業後どうするか決まらないけど

とりあえず楽器の練習はしている音大生は少なくないと思います。

なんとなく留学や院に進む人もいますが

あくまでも学生という立場を延長しているに過ぎません(勿論学びたい事がちゃんとある場合はよい事です)

発信力をつけよう

f:id:maedarin0819:20170412215634j:image

楽器が上手なだけでは生計がなかなか立てれない時代ですが

音大で磨かれた技術や経験はとても魅力的です。

それをどうやって生かしてお金を稼げるようにするのかは僕も色々と模索中ですが発信力を高めるというのは1つ武器になると思います。

自分史を作品にした美大生

f:id:maedarin0819:20170412220007j:image

ある美大の卒業制作展に行ったのですが

作品の中に就職しようとしたが全くダメだったので自分のこれまでの歴史を

マンガを交えつつ作品として発表している人がいました。

その人に絵やデザインのスキルがあるのはわかりますがテーマを自分史にすることで一気にその作者に興味が湧きました。

これは一例ですがスキルを持った人は結構沢山いてその中で自分を選んでもらうには

スキルを高めることよりどうやって自分に興味を持ってもらうかが大事なのではと思います。

今はインターネットも普及して自分を発信する方法は沢山あるのでそれを生かさない手はないでしょう。

まとめ

f:id:maedarin0819:20170412220515j:image

フリーランスは自分の持ってるスキルと発信力を使ってどうアピールをしていくかが大事になってきます。

所属がなければ全部の事を自分でしなければいけないのでマーケティング(集客)とかビジネスの事を学生時代に勉強したかった(泣)

自分が希望するかしないかは置いても卒業後フリーランスになる音大生は多いので

音大生のみんなは練習の合間にスマホゲームやSNSにただ何と無く時間を使うのではなく発信力やマーケティングについて勉強した方がいいと思うぞ(突然の先輩風)

 

ポチッと↓

まえだりんのプロフィール記事▼

www.maedarin56.com